オールウェイズ ニュース

ニュース系2chまとめブログ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    via: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441693895/
    1: 天才まん ★ 2015/09/08(火) 15:31:35.23 ID:???*.net
    今年の司法試験で、問題の作成などを担当する考査委員を務めていた明治大学法科大学院の青柳幸一教授(67)が問題内容の一部を漏洩(ろうえい)したとして法務省は8日、青柳教授を国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで東京地検に告発し、発表した。地検特捜部は同容疑で捜査を進めている。

    司法試験の漏洩が発覚し、法務省が告発するのは初めて。

    以下ソースで
    http://www.asahi.com/articles/ASH983GHYH98UTIL00S.html

    18: 名無しさん@1周年 2015/09/08(火) 15:49:21.59 ID:iEWwG+kp0.net
    >>1
    どうやって発覚したの?

    20: 名無しさん@1周年 2015/09/08(火) 15:52:56.75 ID:UhTkscR90.net
    >>18
    50点取れたら凄いのに、100点満点だった。しかも模範解答そのまま。

    【【社会】司法試験漏洩、法務省が刑事告発】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    080229_01

    via: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441631809/

    1: 野良ハムスター ★ 2015/09/07(月) 22:16:49.39 ID:???*.net
    iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったがん治療が、実現へと近づいているようだ。
    東京大学医科学研究所をはじめとする研究グループが報告したものだ。

    ■iPS細胞でがんを殺す細胞に

    東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センターの中内啓光教授、安藤美樹日本学術振興会特別研究員RPDらの研究グループが行った研究によるもの。8月28日に同大学が発表した。

    iPS細胞は「万能細胞」と呼ばれるように、何にでも変われる細胞。大人になった細胞をリセットして作り出す。研究グループはiPS細胞から、がんを攻撃できる「キラーT細胞」を作り出している。

    iPS細胞の課題は、がんを攻撃する細胞だけではなく、いわば暴走してiPS細胞そのものががんになる心配があるところ。iPS細胞は不要な分は、効果的に取り除く技術も必要になる。

    ■がんを攻撃して自爆

    研究グループはiPS細胞から作ったキラーT細胞で動物実験を実行。ネズミの体内にある腫瘍を縮小させた。さらに、キラーT細胞に、細胞の自殺を促す遺伝子を組み込み、薬でその遺伝子をコントロールするという方法を編み出した。

    使ったのは「アイカスパーゼ9(iCaspase9)」と呼ばれる新しい遺伝子。特定の薬を投与すると、24時間以内に80%以上のキラー細胞は細胞死に導かれて、3日後には検出されなくなった。

    iPS由来細胞に副作用が現れたとしても、薬を投与することで制御できることになる。

    この研究成果は、8月27日に再生医学分野の国際誌であるステム・セル・リポーツ誌に掲載された。

    https://www.mededge.jp/b/tech/18823

    2: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 22:18:27.36 ID:4UgO0u8l0.net
    一時期の脳研究みたいな報道になってるな。
    決して実用化されない、論文出しましたー的な研究を新聞ネタ

    8: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 22:20:16.21 ID:Z6sO5o6e0.net
    癌は完治できるようになってほしい
    その反面人口が増えすぎる気もする

    けど、やっぱりどんな癌でも治るようになってほしいなぁ

    【【医療】iPS細胞、がんを攻撃して自爆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    K10010219461_1509071934_1509071936_01_03

    via: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1441621000
    1: ぽんちきぽんぽんちき ★ 2015/09/07(月) 19:16:40.90 ID:???*.net
    金星探査機「あかつき」 高温に耐え飛行続ける
    9月7日 19時08分

    ことし12月に、金星を回る軌道への投入に再び挑戦する日本の金星探査機「あかつき」が、先月末から太陽に接近し、当初の予定にはなかった高温の状態にさらされながら飛行を続けています。JAXA=宇宙航空研究開発機構によりますと、これまでのところトラブルは起きていないということです。

    平成22年に打ち上げられた、日本の金星探査機「あかつき」は、その年の12月に金星を回る軌道に投入される計画でしたが、メインエンジンがトラブルを起こし、当時の計画は失敗しました。

    あれから5年、「あかつき」は、ことし12月に残された小型のエンジンを使って、金星を回る軌道への投入に再び挑戦します。ただ、5年前の失敗に伴って、当初の予定にはなかった、より太陽に近いコースをやむをえず飛行していて、先月末から最も高いところでは140度の高温にさらされながら飛行を続けています。

    これは、当初、想定されていた最高温度の100度を40度上回るもので、設計上は180度まで耐えられることになっていますが、JAXAでは、事前の想定にはない高温の状態によって機器が故障したりしないか気をもみながら監視を続けています。JAXAによりますと、これまでのところトラブルは起きていないということです。

    「あかつき」が高温にさらされる状態は、今月いっぱい続く見通しで、金星を回る軌道に入ることを目指す、ことし12月の再挑戦を前に試練が続いています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150907/k10010219461000.html

    【【宇宙】金星探査機「あかつき」 高温に耐え飛行続ける】の続きを読む
    おすすめサイト人気記事

    このページのトップヘ