オールウェイズ ニュース

ニュース系2chまとめブログ

    カテゴリ: 科学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    via: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1441959886/

    1: 冠痔核 ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 17:24:46.76 ID:???.net
    冥王星に近づいた者だけに許される世界(動画あり)

    米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が冥王星をフライバイ(接近・通過)した際に撮影した画像を編集し、タイムラプス動画を制作した。
    TEXT BY MICHAEL RUNDLE
    TRANSLATION BY HIROKI SAKAMOTO, HIROKO GOHARA/GALILEO
    WIRED NEWS (UK)

    https://www.youtube.com/watch?v=ds_OlZnV9qk



    米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が2015年7月に冥王星をフライバイ(接近・通過)した際に撮影した画像をタイムラプス化した動画を公開した。

    2006年に打ち上げられたニュー・ホライズンズは、地球から約49億km離れた冥王星に、2015年7月14日に最接近。上空約12,500kmの最接近点を通過しながら、冥王星とその衛星の一部をとらえたドラマティックな画像を、地球に絶え間なく送信した。

    短くも美しいこのタイムラプス映像では、冥王星の「トンボー領域(Tombaugh Regio)」と呼ばれるハート形の地形が、入り交じるクレーターと奇妙な平原とともによくわかる。
    冥王星の画像自体はおなじみのものだが、自転する冥王星の動きと、いくつもの衛星の軌道が、静止画だけでは伝えきれない一種の優雅さを醸し出している。

    ニュー・ホライズンズが冥王星を通過すると、視点は逆光に切り替わり、冥王星はシルエットに包まれる。見る者はその瞬間、冥王星がどんなに地球から離れているかを思い出す。

    ニュー・ホライズンズは現在、冥王星からさらに約16億km以上離れたエッジワース・カイパーベルトにある直径約45kmの天体「2014MU69」に向かっている。

    ただし、探査の継続には資金の確保が必要になる見込みだ。ミッションの延長が2016年に正式に承認されれば、ニュー・ホライズンズは秒速14.5kmで飛行を続け、2019年1月に新たな目的地の2014MU69に到達する予定だ。


    NASAは、今後も継続してニュー・ホライズンズからのデータを4KB/秒以下の速度でダウンロードしていく予定だ。また、9月中に冥王星の新しい画像を公開するという。

    http://wired.jp/2015/09/08/new-horizons-pluto-flyby-video/
    2015.9.8 TUE

    4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 17:34:13.68 ID:JS/YBMSr.net
    65億km……地球との交信に片道6時間超……宇宙規模ではゴミのような太陽系内部でコレか。
    宇宙のスケールの巨大さを感じるな。

    【【動画】NASA、冥王星探査機ニューホライズンが撮影した画像を編集したタイムラプス動画を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    080229_01

    via: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441631809/

    1: 野良ハムスター ★ 2015/09/07(月) 22:16:49.39 ID:???*.net
    iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったがん治療が、実現へと近づいているようだ。
    東京大学医科学研究所をはじめとする研究グループが報告したものだ。

    ■iPS細胞でがんを殺す細胞に

    東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センターの中内啓光教授、安藤美樹日本学術振興会特別研究員RPDらの研究グループが行った研究によるもの。8月28日に同大学が発表した。

    iPS細胞は「万能細胞」と呼ばれるように、何にでも変われる細胞。大人になった細胞をリセットして作り出す。研究グループはiPS細胞から、がんを攻撃できる「キラーT細胞」を作り出している。

    iPS細胞の課題は、がんを攻撃する細胞だけではなく、いわば暴走してiPS細胞そのものががんになる心配があるところ。iPS細胞は不要な分は、効果的に取り除く技術も必要になる。

    ■がんを攻撃して自爆

    研究グループはiPS細胞から作ったキラーT細胞で動物実験を実行。ネズミの体内にある腫瘍を縮小させた。さらに、キラーT細胞に、細胞の自殺を促す遺伝子を組み込み、薬でその遺伝子をコントロールするという方法を編み出した。

    使ったのは「アイカスパーゼ9(iCaspase9)」と呼ばれる新しい遺伝子。特定の薬を投与すると、24時間以内に80%以上のキラー細胞は細胞死に導かれて、3日後には検出されなくなった。

    iPS由来細胞に副作用が現れたとしても、薬を投与することで制御できることになる。

    この研究成果は、8月27日に再生医学分野の国際誌であるステム・セル・リポーツ誌に掲載された。

    https://www.mededge.jp/b/tech/18823

    2: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 22:18:27.36 ID:4UgO0u8l0.net
    一時期の脳研究みたいな報道になってるな。
    決して実用化されない、論文出しましたー的な研究を新聞ネタ

    8: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 22:20:16.21 ID:Z6sO5o6e0.net
    癌は完治できるようになってほしい
    その反面人口が増えすぎる気もする

    けど、やっぱりどんな癌でも治るようになってほしいなぁ

    【【医療】iPS細胞、がんを攻撃して自爆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    K10010219461_1509071934_1509071936_01_03

    via: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1441621000
    1: ぽんちきぽんぽんちき ★ 2015/09/07(月) 19:16:40.90 ID:???*.net
    金星探査機「あかつき」 高温に耐え飛行続ける
    9月7日 19時08分

    ことし12月に、金星を回る軌道への投入に再び挑戦する日本の金星探査機「あかつき」が、先月末から太陽に接近し、当初の予定にはなかった高温の状態にさらされながら飛行を続けています。JAXA=宇宙航空研究開発機構によりますと、これまでのところトラブルは起きていないということです。

    平成22年に打ち上げられた、日本の金星探査機「あかつき」は、その年の12月に金星を回る軌道に投入される計画でしたが、メインエンジンがトラブルを起こし、当時の計画は失敗しました。

    あれから5年、「あかつき」は、ことし12月に残された小型のエンジンを使って、金星を回る軌道への投入に再び挑戦します。ただ、5年前の失敗に伴って、当初の予定にはなかった、より太陽に近いコースをやむをえず飛行していて、先月末から最も高いところでは140度の高温にさらされながら飛行を続けています。

    これは、当初、想定されていた最高温度の100度を40度上回るもので、設計上は180度まで耐えられることになっていますが、JAXAでは、事前の想定にはない高温の状態によって機器が故障したりしないか気をもみながら監視を続けています。JAXAによりますと、これまでのところトラブルは起きていないということです。

    「あかつき」が高温にさらされる状態は、今月いっぱい続く見通しで、金星を回る軌道に入ることを目指す、ことし12月の再挑戦を前に試練が続いています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150907/k10010219461000.html

    【【宇宙】金星探査機「あかつき」 高温に耐え飛行続ける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    via: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440759876/
    1: 野良ハムスター ★ 2015/08/28(金) 20:04:36.47 ID:???*.net
    土星最大の衛生「タイタン」に巨大で長い寿命をもった生命体が存在するかもしれない。こうした理論を、他の衛星や衛星に地球上の生命体の極値的な形が存在する可能性を調べている米国とドイツの学者らが発表した。 この理論が「ライフ」誌に簡単に発表されたことをワシントン大学のサイトが明らかにした。

    調査によれば、他の惑星に生命体が存在するとすれば、そうした生命体が持つ特質は極端な条件下で生き延びるために、地球上で必要とされる特質とは異なる。火星に生息する微小の生命体が地球のそれに似ている可能性があったとしても、「タイタン」に生息する生命体は著しく異なっているものと思われる。

    「タイタン」における水の役割を担っているのは液化メタンとエタンであり、炭酸ガスはその大気圏には全く存在していない。液化した炭化水素は「タイタン」に生息すると思われる生命体の体内組織の水分の役割を演じうる。しかも「タイタン」にはおびただしい数の水たまりがあり、それらはメタンとエタンによって作られており、そこには微小な生命体が生息しうる。

    「タイタン」の表面温度はマイナス180度にまで達している。このため「タイタン」の生命体の新陳代謝は非常に緩慢に行なわれ、その組織は異常なほど大きい。しかもこうした生命体の老化速度は地球上の生命体よりずっと遅い。だが研究者らのこうした帰結はすべて仮説であり、これを調べるには地球外の生命体を発見するしかない。

    no title

    http://jp.sputniknews.com/science/20150828/816034.html

    【【宇宙】土星の衛星タイタンに巨大生命体の可能性】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2015/08/26(水) 11:50:16.56 ID:???*.net
    画期的手術、脚の筋肉で心機能回復、阪大が初の「細胞シート」移植

     重い心不全の治療に取り組む大阪大学(大阪府吹田市)の研究チームは8月26日、拡張型
    心筋症の40代男性の太ももから採取した細胞をシート状に培養し、自身の心臓に貼り付ける
    ことで心筋機能を回復させる手術を実施したと発表した。
    筋肉を作る「筋芽(きんが)細胞」を
    培養したシートを幅広い心臓病に対して実用化するため、医師が主体になって臨床試験(治験)を
    進める「医師主導治験」の1例目。男性の経過は良好という。

     会見した澤芳樹教授は「筋芽細胞シートによる治療は、日本の深刻な心臓移植不足の代替
    医療になりえる。医師も積極的に介入し、一人でも多くの患者さんを救いたい」と話した。

     拡張型心筋症は、心筋の収縮力が弱まることで心臓が拡張し、血液を十分に送れなくなる疾患。
    重症の場合、心臓移植や人工心臓の植え込みなどの外に治療法はないとされる。

     筋芽細胞シートの作製技術は、チームと医療機器メーカー・テルモ(東京)が共同で開発。
    テルモが製品化に向けて薬事承認の手続き中だが、心筋梗塞など限られた心不全患者のみを
    対象としている。

     一方で、チームはこれまでに拡張型心筋症など重い心不全患者36人に臨床試験を実施し、
    7~8割の患者で症状の改善がみられた。このため、拡張型心筋症にもシートを使えるように
    するため、医師主導治験に乗り出した。

    チームは今後1年以内に6人に手術を行い、シートの有効性などを検証するという。将来的には
    保険適用を目指す。

     筋芽細胞シート 筋肉を作る「筋芽」という幹細胞を患者の脚から取り出し、培養して
    直径4~5cmの薄いシート状にする。心不全患者の心臓の表面に貼り付けると、心臓の筋肉
    (心筋)が修復される仕組み。心筋が増えるわけではないが、残っている心筋を元気にする
    働きがある。患者自身の細胞を用いるため拒絶反応もないという。

    産経WEST 2015.8.26 11:01更新
    http://www.sankei.com/west/news/150826/wst1508260039-n1.html

    【【医療】画期的手術、脚の筋肉で心機能回復、阪大が初の「細胞シート」移植 「日本の深刻な心臓移植不足の代替医療に」[08/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ