オールウェイズ ニュース

ニュース系2chまとめブログ

    カテゴリ:科学 > 天文学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    via: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1441959886/

    1: 冠痔核 ★@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 17:24:46.76 ID:???.net
    冥王星に近づいた者だけに許される世界(動画あり)

    米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が冥王星をフライバイ(接近・通過)した際に撮影した画像を編集し、タイムラプス動画を制作した。
    TEXT BY MICHAEL RUNDLE
    TRANSLATION BY HIROKI SAKAMOTO, HIROKO GOHARA/GALILEO
    WIRED NEWS (UK)

    https://www.youtube.com/watch?v=ds_OlZnV9qk



    米航空宇宙局(NASA)は、無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が2015年7月に冥王星をフライバイ(接近・通過)した際に撮影した画像をタイムラプス化した動画を公開した。

    2006年に打ち上げられたニュー・ホライズンズは、地球から約49億km離れた冥王星に、2015年7月14日に最接近。上空約12,500kmの最接近点を通過しながら、冥王星とその衛星の一部をとらえたドラマティックな画像を、地球に絶え間なく送信した。

    短くも美しいこのタイムラプス映像では、冥王星の「トンボー領域(Tombaugh Regio)」と呼ばれるハート形の地形が、入り交じるクレーターと奇妙な平原とともによくわかる。
    冥王星の画像自体はおなじみのものだが、自転する冥王星の動きと、いくつもの衛星の軌道が、静止画だけでは伝えきれない一種の優雅さを醸し出している。

    ニュー・ホライズンズが冥王星を通過すると、視点は逆光に切り替わり、冥王星はシルエットに包まれる。見る者はその瞬間、冥王星がどんなに地球から離れているかを思い出す。

    ニュー・ホライズンズは現在、冥王星からさらに約16億km以上離れたエッジワース・カイパーベルトにある直径約45kmの天体「2014MU69」に向かっている。

    ただし、探査の継続には資金の確保が必要になる見込みだ。ミッションの延長が2016年に正式に承認されれば、ニュー・ホライズンズは秒速14.5kmで飛行を続け、2019年1月に新たな目的地の2014MU69に到達する予定だ。


    NASAは、今後も継続してニュー・ホライズンズからのデータを4KB/秒以下の速度でダウンロードしていく予定だ。また、9月中に冥王星の新しい画像を公開するという。

    http://wired.jp/2015/09/08/new-horizons-pluto-flyby-video/
    2015.9.8 TUE

    4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2015/09/11(金) 17:34:13.68 ID:JS/YBMSr.net
    65億km……地球との交信に片道6時間超……宇宙規模ではゴミのような太陽系内部でコレか。
    宇宙のスケールの巨大さを感じるな。

    【【動画】NASA、冥王星探査機ニューホライズンが撮影した画像を編集したタイムラプス動画を公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    via: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1440759876/
    1: 野良ハムスター ★ 2015/08/28(金) 20:04:36.47 ID:???*.net
    土星最大の衛生「タイタン」に巨大で長い寿命をもった生命体が存在するかもしれない。こうした理論を、他の衛星や衛星に地球上の生命体の極値的な形が存在する可能性を調べている米国とドイツの学者らが発表した。 この理論が「ライフ」誌に簡単に発表されたことをワシントン大学のサイトが明らかにした。

    調査によれば、他の惑星に生命体が存在するとすれば、そうした生命体が持つ特質は極端な条件下で生き延びるために、地球上で必要とされる特質とは異なる。火星に生息する微小の生命体が地球のそれに似ている可能性があったとしても、「タイタン」に生息する生命体は著しく異なっているものと思われる。

    「タイタン」における水の役割を担っているのは液化メタンとエタンであり、炭酸ガスはその大気圏には全く存在していない。液化した炭化水素は「タイタン」に生息すると思われる生命体の体内組織の水分の役割を演じうる。しかも「タイタン」にはおびただしい数の水たまりがあり、それらはメタンとエタンによって作られており、そこには微小な生命体が生息しうる。

    「タイタン」の表面温度はマイナス180度にまで達している。このため「タイタン」の生命体の新陳代謝は非常に緩慢に行なわれ、その組織は異常なほど大きい。しかもこうした生命体の老化速度は地球上の生命体よりずっと遅い。だが研究者らのこうした帰結はすべて仮説であり、これを調べるには地球外の生命体を発見するしかない。

    no title

    http://jp.sputniknews.com/science/20150828/816034.html

    【【宇宙】土星の衛星タイタンに巨大生命体の可能性】の続きを読む

    このページのトップヘ