オールウェイズ ニュース

ニュース系2chまとめブログ

    カテゴリ:科学 > 医学

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    080229_01

    via: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441631809/

    1: 野良ハムスター ★ 2015/09/07(月) 22:16:49.39 ID:???*.net
    iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使ったがん治療が、実現へと近づいているようだ。
    東京大学医科学研究所をはじめとする研究グループが報告したものだ。

    ■iPS細胞でがんを殺す細胞に

    東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センターの中内啓光教授、安藤美樹日本学術振興会特別研究員RPDらの研究グループが行った研究によるもの。8月28日に同大学が発表した。

    iPS細胞は「万能細胞」と呼ばれるように、何にでも変われる細胞。大人になった細胞をリセットして作り出す。研究グループはiPS細胞から、がんを攻撃できる「キラーT細胞」を作り出している。

    iPS細胞の課題は、がんを攻撃する細胞だけではなく、いわば暴走してiPS細胞そのものががんになる心配があるところ。iPS細胞は不要な分は、効果的に取り除く技術も必要になる。

    ■がんを攻撃して自爆

    研究グループはiPS細胞から作ったキラーT細胞で動物実験を実行。ネズミの体内にある腫瘍を縮小させた。さらに、キラーT細胞に、細胞の自殺を促す遺伝子を組み込み、薬でその遺伝子をコントロールするという方法を編み出した。

    使ったのは「アイカスパーゼ9(iCaspase9)」と呼ばれる新しい遺伝子。特定の薬を投与すると、24時間以内に80%以上のキラー細胞は細胞死に導かれて、3日後には検出されなくなった。

    iPS由来細胞に副作用が現れたとしても、薬を投与することで制御できることになる。

    この研究成果は、8月27日に再生医学分野の国際誌であるステム・セル・リポーツ誌に掲載された。

    https://www.mededge.jp/b/tech/18823

    2: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 22:18:27.36 ID:4UgO0u8l0.net
    一時期の脳研究みたいな報道になってるな。
    決して実用化されない、論文出しましたー的な研究を新聞ネタ

    8: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 22:20:16.21 ID:Z6sO5o6e0.net
    癌は完治できるようになってほしい
    その反面人口が増えすぎる気もする

    けど、やっぱりどんな癌でも治るようになってほしいなぁ

    【【医療】iPS細胞、がんを攻撃して自爆】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: すらいむ ★ 2015/08/26(水) 11:50:16.56 ID:???*.net
    画期的手術、脚の筋肉で心機能回復、阪大が初の「細胞シート」移植

     重い心不全の治療に取り組む大阪大学(大阪府吹田市)の研究チームは8月26日、拡張型
    心筋症の40代男性の太ももから採取した細胞をシート状に培養し、自身の心臓に貼り付ける
    ことで心筋機能を回復させる手術を実施したと発表した。
    筋肉を作る「筋芽(きんが)細胞」を
    培養したシートを幅広い心臓病に対して実用化するため、医師が主体になって臨床試験(治験)を
    進める「医師主導治験」の1例目。男性の経過は良好という。

     会見した澤芳樹教授は「筋芽細胞シートによる治療は、日本の深刻な心臓移植不足の代替
    医療になりえる。医師も積極的に介入し、一人でも多くの患者さんを救いたい」と話した。

     拡張型心筋症は、心筋の収縮力が弱まることで心臓が拡張し、血液を十分に送れなくなる疾患。
    重症の場合、心臓移植や人工心臓の植え込みなどの外に治療法はないとされる。

     筋芽細胞シートの作製技術は、チームと医療機器メーカー・テルモ(東京)が共同で開発。
    テルモが製品化に向けて薬事承認の手続き中だが、心筋梗塞など限られた心不全患者のみを
    対象としている。

     一方で、チームはこれまでに拡張型心筋症など重い心不全患者36人に臨床試験を実施し、
    7~8割の患者で症状の改善がみられた。このため、拡張型心筋症にもシートを使えるように
    するため、医師主導治験に乗り出した。

    チームは今後1年以内に6人に手術を行い、シートの有効性などを検証するという。将来的には
    保険適用を目指す。

     筋芽細胞シート 筋肉を作る「筋芽」という幹細胞を患者の脚から取り出し、培養して
    直径4~5cmの薄いシート状にする。心不全患者の心臓の表面に貼り付けると、心臓の筋肉
    (心筋)が修復される仕組み。心筋が増えるわけではないが、残っている心筋を元気にする
    働きがある。患者自身の細胞を用いるため拒絶反応もないという。

    産経WEST 2015.8.26 11:01更新
    http://www.sankei.com/west/news/150826/wst1508260039-n1.html

    【【医療】画期的手術、脚の筋肉で心機能回復、阪大が初の「細胞シート」移植 「日本の深刻な心臓移植不足の代替医療に」[08/26]】の続きを読む

    このページのトップヘ