オールウェイズ ニュース

ニュース系2chまとめブログ

    カテゴリ:社会 > 教育

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    K10010219711_1509072109_1509072110_01_03

    via: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441628049/
    1: ナス八 ★ 2015/09/07(月) 21:14:09.68 ID:???*.net
    司法試験の問題内容 教え子に漏らした疑い
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150907/k10010219711000.html

     ことしの司法試験で、問題の作成などを担当した明治大学法科大学院の教授が、教え子だった受験生に試験問題の内容を漏らしていた疑いがあるとして、法務省が調査を行っていることが関係者への取材で分かりました。教授は関係者に対し、漏えいを認める趣旨の説明をしているということで、法務省は詳しいいきさつについて調査を進めています。

     関係者によりますと、明治大学法科大学院の60代の男性教授は、ことし5月に行われた司法試験で試験問題の作成などを担当する「考査委員」を務めていましたが、試験前、教え子の20代の女性に試験問題の内容を漏らした疑いがあるということです。
     
     漏えいした疑いがあるのは、この教授が問題の作成に関わった憲法の論文試験などの内容とみられ、法務省は教授や受験生から事情を聴くなど、調査を行っているということです。教授は関係者に対し、漏えいを認める趣旨の説明をしているということで、法務省は詳しいいきさつについて調査を進めています。
     
     NHKが教授への取材を申し込んだのに対し、教授の家族は「本人は体調が悪いので応じられない」と話しています。
     
     「考査委員」は法務大臣が任命する非常勤の国家公務員で、ことしは法科大学院の教授や裁判官、それに弁護士など、合わせて131人が担当しましたが、試験問題の内容などについて守秘義務が課せられています。

     司法試験を巡っては平成19年、考査委員を務めた慶應大学法科大学院の教授が試験前に学生を集めて開いた勉強会で、実際の出題と関連するテーマを教えていたことが明らかになりました。

    これを受けて法務省は考査委員のうち、法科大学院の教授の数を大幅に減らしたほか、問題の作成に関わる考査委員については受験資格のある学生らに一切指導しないことなどを義務づけていました。

    2: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 21:15:01.05 ID:1SQPAPwW0.net
    ハニトラーッッッ!

    3: 名無しさん@1周年 2015/09/07(月) 21:15:40.50 ID:kUuJrP420.net
    これはエロいw

    【【明大】60代男性教授、20代女性の教え子に司法試験の問題を漏らした疑い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ササクッテロ Sp8d-i+WN) 2015/08/28(金) 09:34:13.56 ID:qYVHF0qQp.net BE:912594448-PLT(13500) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/miyabi.gif
    鎌倉市図書館のツイート「学校がつらい子は図書館へ」 一時は削除も検討

    神奈川県鎌倉市の鎌倉市中央図書館が8月26日、Twitterの公式アカウントから「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、図書館へいらっしゃい」と呼びかけた投稿に対し、反響が広まっている。
    投稿から1日が経過し、Twitterでは6万RTを超えているほか、新聞社やネットメディアが報道、多くの人たちの共感を呼んで鎌倉市図書館に対する賞賛の声が上がっているが、
    市教育委員会内部で同日、ツイートの削除を検討していたことが明らかになった。
    学校教育に対し、不適切ともとられる表現を使っていたためだ。
    しかし、図書館側がその意図を説明、好意的な反響も多かったことから、削除はしない判断を下したという。

    鎌倉市中央図書館によると、話題になっているツイートは、同図書館の司書、河合真帆さんが投稿したもの。
    2学期が始まる9月1日、子どもの自殺が多いことを知り、その防止のために投稿した。ところが、「学校を休んで」や「学校へ行くくらいなら」など、学校へ行かなくてもいいとも受け止められる部分が、
    学校教育と図書館を管轄する鎌倉市教育委員会内部で「不適切な表現では」と議論になったという。
    教育長や教育委員会教育部長、中央図書館長らが話し合ったところ、「投稿を削除するべき」という意見も出たが、図書館側が「子どもたちに自殺しないでほしいという思いで書いたもの」と説明、ツイートはこのまま残すことに決定した。
    中央図書館の菊池隆館長は、「皆さんが共感を持ってくださった。今後も図書館のTwitterは継続していきます」と話している。

    http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/26/kamakurashi-library_n_8046562.html

    【鎌倉市図書館「学校つらいなら図書館へ」 教育委員会「不適切。削除だ削除」】の続きを読む

    このページのトップヘ