オールウェイズ ニュース

ニュース系2chまとめブログ

    タグ:デザイナー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    img01


    vai: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441326908

    1: くじら1号 ★ 2015/09/04(金) 09:35:08.95 ID:???*.net
     2020年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムが白紙撤回された問題で、審査委員代表を務めた永井一正・日本グラフィックデザイナー協会特別顧問(86)が3日、読売新聞の取材に応じ、コンペで選ばれたアートディレクター・佐野研二郎氏(43)の原案が2度修正されて最終案になった過程を、大会組織委員会から伝えられていなかったことを明らかにした。

     今回のエンブレムが完成する過程では、佐野氏の原案に似た商標が見つかったため、大会組織委員会などの要請によりデザインが修正された。この過程は8月28日の記者会見で公表されたが、永井氏は1回目の修正案をその直前まで知らされておらず、最終案についても「(発表の)1週間くらい前に知らされ、国際商標を取ったというので、いまさら何を言ってもしょうがないと思って了承した」という。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20150904-OYT1T50016.html

    【【佐野氏問題】審査委員代表・永井氏「いまさら何を言ってもしょうがないと思って了承した」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    via: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1441279689/

    1: ゴーリキー ★@\(^o^)/ 2015/09/03(木) 20:28:09.43 ID:???*.net
    新国立に続き“白紙撤回”に追い込まれた東京五輪エンブレム。
    本紙は1日、デザインを手がけた佐野研二郎氏(43)が代表を務める「MR_DESIGN」(東京・神宮前)を訪ねた。

    ガラス張りの事務所の壁は全面がブラインドで覆われ、ドアの鍵は固く閉ざされていた。
    入り口前の狭い空間は約50人の報道陣でごった返し、サウナ状態。うだる暑さの中で待っていると、若い男性スタッフがドアを半分だけ開け顔をのぞかせた。

    「佐野本人が会見する予定はないが、ホームページ上にコメントをアップする。佐野本人と広報担当者は本日中に事務所には戻らない」

    要するに“雲隠れ”だが、その後、深夜になってHP上でコメントを発表。
    「(五輪エンブレムは)模倣や盗作でないことを誓って申し上げます」と弁明。デザインを取り下げた理由について、
    「批判やバッシングから、家族やスタッフを守る為にも、もうこれ以上今の状況を続けることは難しいと判断した」と説明した。

    (中略)

     故意による著作権侵害罪は懲役10年以下あるいは1000万円以下の罰金だ。佐野氏はこれまでに、サントリーの景品、東山動植物園と太田市美術館のロゴ、多摩美術大のポスターデザインなどで盗用疑惑を持たれている。太田市は不問に付すことを発表したが、ヘタをすれば、訴訟ラッシュに発展する。

    http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/163336

    【【佐野氏】損害賠償に逮捕まであり得る…佐野研二郎氏の“地獄の今後”】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    no title

    via: http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1441080736/

    1: Rimeice ★ 2015/09/01(火) 13:12:16.00 ID:???*.net
    佐野氏デザインの五輪エンブレム使用中止へ 組織委が方針固める

     http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/09/01/kiji/K20150901011046540.html
     ※第一報につき、後刻ソースが加筆や訂正されるかもしれません

    佐野研二郎氏(43)がデザインした2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、 大会組織委員会が使用を中止する方針を固めたことが1日、分かった。

    決定した五輪公式エンブレムを見直すのは極めて異例の事態となる。

    1日午後、大会組織委員会や東京都などの代表者で構成する臨時の調整会議が開催され、今後の対応を協議する。

    佐野氏のデザインを巡ってはベルギーの劇場ロゴのデザイナー、オリビエ・ドビ氏が差し止め訴訟を起こした他、佐野氏が提出したエンブレムの活用例の写真がインターネット上の個人サイトから転用されている、デザインの原案が別の展覧会のポスターの一部に似ているなどといった疑惑が浮上するなど問題が続出していた。

    佐野氏は五輪エンブレム以外の作品についても8月14日に、複数のデザイナーと共同制作したサントリービールのキャンペーン商品に、他作品の模倣があったことを認めて謝罪。事務所のスタッフが佐野氏の管理の下で作成し、自身の作品ではなかったとしている。
     
    会議には組織委の森喜朗会長、遠藤利明五輪相、東京都の舛添要一知事、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長らが出席する見通し。

    2: Ψ 2015/09/01(火) 13:12:37.61 ID:sPUVv7Nj0.net
    佐野逮捕されるん?

    5: Ψ 2015/09/01(火) 13:13:44.27 ID:REp1VO6a0.net
    使用中止は当たり前。佐野は日本の恥さらし。
    佐野はデザイナーではない。パクリマンだ。
    【【最速報】佐野氏デザインの五輪エンブレム使用中止へ 組織委が方針固める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    via :  http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1441038430/
    147: 名無しさん@1周年 2015/09/01(火) 01:32:17.10 ID:Kpgq1rg30.net
    はい

    佐野
    no title

    元ネタ
    no title

    補足:
    京扇堂(佐野氏デザイン):
    団扇展:2012年5月19日
    (http://memoryamail.blogspot.jp/2012/05/blog-post.html)

    但し、京扇堂のHPは現在繋がらなくなっており、上記URLはウェブアーカイブである。

    194: 名無しさん@1周年 2015/09/01(火) 01:33:31.72 ID:rxQPvORF0.net
    >>147
    う、うちわと扇子と取っ替えただけって
    能無し過ぎるw

    216: 名無しさん@1周年 2015/09/01(火) 01:33:56.71 ID:yAWnNVlx0.net
    >>147
    また劣化させてるな

    【【呆れ】佐野氏、横手市のイベント『団扇展』のポスターを盗作】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    via: http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1441010170/
    1: バックドロップホールド(catv?)@\(^o^)/ 2015/08/31(月) 17:36:10.63 ID:uzGn+N390.net BE:538181134-PLT(15000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
    今世間を賑わせている佐野研二郎氏。東京五輪エンブレム、サントリーのトートバッグキャンペーンなど数々の類似疑惑や盗用問題が発覚。そんな佐野研二郎氏がデザインした多摩美術大学のポスターにも盗用の疑いがあるとして指摘されている。

    2013年に発表された「MADE BY HANDS.」という作品。これはコマーシャル・フォト『MONTHLY ADVERTISING』にも選ばれた作品。 しかしそのポスター作品の影絵が個人ブログからの盗用の疑い。

    個人ブログに掲載されている「影絵あそび」というエントリーにある、犬の影絵と完全に一致しているのだ。犬の影絵くらい自分で作って撮影したらいいものの、それすらせずに他人のブログから盗用。

    先日の大会組織委員会の会見後にも数々の盗用疑惑が浮上し、海外のブログの画像から盗用した疑いが新たに浮上。その内いくつかは既に盗用確定となっている。

    母校にまでドロを塗ることをしてしまった佐野研二郎氏。完全に窮地に追い込まれたのではないだろうか。

    http://gogotsu.com/archives/10993
    no title

    【【佐野氏】個人ブログから画像を盗用?多摩美術大学のポスターにも盗用の疑い】の続きを読む

    このページのトップヘ