27日午後、東京・渋谷区のJR山手線で、線路脇にあるケーブルの2か所が燃えているのが見つかりました。JRでは、線路沿いのケーブルが燃える火災は今月に入って3件目で、詳しい原因を調べています。

27日午後1時すぎ、東京・渋谷区のJR山手線の恵比寿駅と目黒駅の間の線路脇にあるケーブルが、2か所で燃えているのが見つかりました。
燃えたのは3本あるケーブルのうちのそれぞれ2本で、2本が電力を供給するもの、もう1本が通信用のもので、火が出た2か所は20メートルほど離れているということです。
ケーブルは、線路沿いにあるフェンスのすぐ内側に設置され、プラスチック製のカバーが激しく燃えていましたが、中のケーブルの損傷の程度は軽いということです。
この影響で山手線は内回り・外回りともに、また、埼京線と湘南新宿ラインも大崎と大宮の間の上下線で1時間余りにわたって運転を見合わせました。
JR東日本では、今月18日には東京・立川市の高架下のケーブルから出火し、青梅線など5つの路線が運転を見合わせる火災があり、この際は、ケーブルそのものが焼損していたということです。
また、5日前の今月22日には東京・中野区のJR中央線の線路沿いでもケーブルを覆っているプラスチック製のカバーが焼けましたが、ケーブルそのものの損傷は軽かったということです。
JRや警察などは、3件の火災について原因を調べています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150827/k10010206161000.html

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/08/27(木) 13:36:11.84 ID:lioB/MkE0.net
最近多すぎやろ

【【原因不明】JR東日本 今月3回目のケーブル火災 山手線運転見合わせ】の続きを読む