オールウェイズ ニュース

ニュース系2chまとめブログ

    タグ:佐野研二郎

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: DQN ★ 2015/08/25(火) 16:11:13.48 ID:???*.net
    2020年東京五輪の公式エンブレム問題が拡大している。「盗作は明白」と主張するベ
    ルギーの劇場側は提訴し、制作者の佐野研二郎氏(43)は自身が手掛けた別の作品で模
    倣を認め、イメージダウンが指摘される。大会組織委員会は使用を継続する方針だが、ス
    ポンサーには懸念が見られ、白紙撤回となった新国立競技場計画に続く騒動に関係者には
    困惑が広がる。

     ■謝罪し波紋

     公式エンブレムは、五輪開幕まで5年となった7月24日、東京都庁でのイベントで発
    表された。デザインは東京などの頭文字「T」をイメージし、多様性を示す黒と鼓動を表
    す赤の円が特徴だ。

     一方、ベルギー・リエージュ劇場のロゴのデザイナーが「驚くほど似ている」と主張し
    た他、インターネット上で別のマークと似ているとの指摘が相次いだ。8月5日、佐野氏
    は記者会見で「全くの事実無根だ」と盗用を否定したが、劇場側は14日、国際オリンピ
    ック委員会(IOC)に使用差し止めを求めて地元裁判所に提訴したと発表した。

     同日、佐野氏は代表を務める事務所のホームページで、サントリービールのキャンペー
    ン賞品に他の作品の模倣があったことを認めて謝罪した。事務所のスタッフが佐野氏の管
    理の下で作成し、自身の作品ではなかったが、エンブレムが疑問視されているだけに波紋
    が広がった。

     ■残念至極

     エンブレムは既にテレビCMや広告に使われている。組織委のスポンサーは国内最高位
    の「ゴールドパートナー」の場合、1社150億円以上と言われる協賛金を出し、エンブ
    レムを使用する権利などを得る。ある最高位の企業からは「(盗作と)言われるのはよく
    ない。使いづらい」との声が漏れる。

     東京都の舛添要一知事は21日、ツイッターで賞品の模倣問題を「不祥事」とし「彼
    (佐野氏)の信頼性失墜は免れないし、エンブレムのイメージすら悪化しかねない。私に
    は何の権限もないが、残念至極である」と懸念した。

    デザイン界では、エンブレムには「シンプルにデザインすると似ることはある。盗用とは
    いいにくい」と問題視しない見方が当初からある。

     ネット上では佐野氏個人を中傷する記述も目立つが、ネット問題に詳しい文芸評論家の
    藤田直哉氏は「ネットでは論理的な証拠判断よりも印象操作が先行し、当事者に不当なダ
    メージを与えてしまう危険性がある」と話す。盗用かどうかの判断には高度な専門性を要
    する点に着目し「盗用という安易な決め付けや個人攻撃は慎むべきだ」と語る。

     ■踏ん張りどころ

     エンブレムなどの知的財産を日本国内で管理する組織委は「適切な手続きを経て選んで
    おり、使用を続ける」(幹部)との姿勢だ。選考過程が不透明との批判もあるが、槙英俊
    マーケティング局長は「密室性はない」と反論する。

     組織委によると、選考は昨年11月17日と18日に行い、審査委員が先入観を持たな
    いように制作者名を伏せて実施。104の応募作品を対象に、委員8人が4回の投票の末
    に四つに絞った。最後は委員が協議し、動画などで多彩な活用が期待できることが決め手
    となって佐野氏の作品を選んだ。

     国際的な登録商標の調査では、同様に「T」をモチーフとした商標が多数あったため、
    デザインを微修正してことし4月に最終形を固めた。その後本格的な商標調査を1500
    万円かけて実施し、発表にこぎつけた。

     賞品の模倣問題について組織委は「別の話」との立場だ。ある関係者は「今が踏ん張り
    どころ」と早期収束を期待した。

    zakzak:http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20150825/spo1508251531006-n1.htm

    【【五輪エンブレム】スポンサー大困惑 1社150億円超で使用権も「使いづらい…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: @Sunset Shimmer ★ 2015/08/26(水) 14:29:25.24 ID:b2NWvu6x*.net
    2015年8月26日05時18分

    2020年東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、アートディレクター佐野研二郎さんの案を選んだ審査委員の代表、永井一正さん(86)が、現在公表されているものは応募案を一部修正したものだと明かした。
    騒動後、永井さんが取材に応じるのは初めてで、「ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった」と述べた。

    永井さんは日本を代表するグラフィックデザイナーの一人で札幌冬季五輪のシンボルマークを手がけた。

    審査委員は、ほかにグラフィックデザイナーの浅葉克己さんら7人。永井さんによると、応募104案は作者名を伏せた状態で番号だけで審査し、3案に絞った後、議論の結果、佐野さんの案が選ばれた。他の2案は原研哉さんと葛西薫さんによるものだった。

    審査では「五輪とパラリンピックのエンブレムが互いに関連しつつ区別がつくかどうかや、メディアやグッズ、会場で使われる際の展開可能性も検討された」という。

    その後、大会組織委員会が佐野さんの案を商標登録するために、世界中の商標を確認。永井さんは「(原案と)似たようなものがほかにあったようだ。そのため佐野さんの案は、元のイメージを崩さない範囲でパーツを一部動かすなど、組織委の依頼で何度か微修正された」
    とした上で、「最初の案は(類似性が指摘されている)ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった。盗作ではない」と話した。

    組織委によると、ベルギーの劇場ロゴは商標登録されていなかった。修正されたものを各審査委員も確認し、発表されたという。

    永井さんは「個人的には、ほかの応募案や審査の過程も公表した方がいいと思う。これまで組織委からはコメントしないように言われていたが、これ以上勘ぐられるのはよくないということで、
    『もう話してもらっていい』と言われていた。このエンブレムがCMなど色々な形で使われてゆけば、よさが伝わると思う」と語った。

    ■永井一正さん「シンプルな形、似やすい」

    2020年東京五輪のエンブレム問題で、審査委員代表を務めたグラフィックデザイナーの永井一正さん(86)が、アートディレクター、佐野研二郎さんのエンブレムは一部修正したもので、
    応募段階の当初作はベルギーの劇場ロゴマークと似ていなかったことを明かした。永井さんとの一問一答は次の通り。

    (記事の続きや関連情報はリンク先で)
    引用元:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASH8T5VXCH8TPLZU005.html

    ★1の立った日時:2015/08/26(水) 10:55:31.35
    前スレ
    【佐野氏】 「五輪エンブレム、当初の案は劇場ロゴと似てなかった、現在公表のものは応募案を一部修正したもの」審査委員代表が表明 ★5 [転載禁止]?2ch.net
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1440564321/

    【【佐野氏】 東京五輪公式サイトのデザイン、なんとガブリエル・オロスコの作品をパクっていたと判明wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1@Sunset Shimmer ★2015/08/26(水) 10:55:31.35 ID:zR/iNJJ+*.net
    2020年東京五輪のエンブレムがベルギーの劇場ロゴに似ていると指摘されている問題で、
    アートディレクター佐野研二郎さんの案を選んだ審査委員の代表、永井一正さん(86)が、
    現在公表されているものは応募案を一部修正したものだと明かした。

    騒動後、永井さんが取材に応じるのは初めてで、「ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった」と述べた。

    永井さんは日本を代表するグラフィックデザイナーの一人で札幌冬季五輪のシンボルマークを手がけた。

    審査委員は、ほかにグラフィックデザイナーの浅葉克己さんら7人。永井さんによると、
    応募104案は作者名を伏せた状態で番号だけで審査し、3案に絞った後、議論の結果、
    佐野さんの案が選ばれた。他の2案は原研哉さんと葛西薫さんによるものだった。


    審査では「五輪とパラリンピックのエンブレムが互いに関連しつつ区別がつくかどうかや、
    メディアやグッズ、会場で使われる際の展開可能性も検討された」という。


    その後、大会組織委員会が佐野さんの案を商標登録するために、世界中の商標を確認。
    永井さんは「(原案と)似たようなものがほかにあったようだ。そのため佐野さんの案は、元のイメージを
    崩さない範囲でパーツを一部動かすなど、組織委の依頼で何度か微修正された」
    とした上で、
    「最初の案は(類似性が指摘されている)ベルギーの劇場ロゴとは似ていなかった。盗作ではない」と話した。


    組織委によると、ベルギーの劇場ロゴは商標登録されていなかった。修正されたものを
    各審査委員も確認し、発表されたという。


    永井さんは「個人的には、ほかの応募案や審査の過程も公表した方がいいと思う。これまで
    組織委からはコメントしないように言われていたが、これ以上勘ぐられるのはよくないということで、

    『もう話してもらっていい』と言われていた。このエンブレムがCMなど色々な形で使われてゆけば、
    よさが伝わると思う」と語った。


    ■永井一正さん「シンプルな形、似やすい」
    2020年東京五輪のエンブレム問題で、審査委員代表を務めたグラフィックデザイナーの
    永井一正さん(86)が、アートディレクター、佐野研二郎さんのエンブレムは一部修正したもので、

    応募段階の当初作はベルギーの劇場ロゴマークと似ていなかったことを明かした。
    e122327a
    【「五輪エンブレム、当初の案は劇場ロゴと似てなかった、現在公表のものは応募案を一部修正したもの」 審査委員代表が表明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1DQN ★2015/08/25(火) 16:11:13.48 ID:???*.net
    2020年東京五輪の公式エンブレム問題が拡大している。「盗作は明白」と主張するベルギーの
    劇場側は提訴し、制作者の佐野研二郎氏(43)は自身が手掛けた別の作品で模
    倣を認め、
    イメージダウンが指摘される。大会組織委員会は使用を継続する方針だが、ス
    ポンサーには懸念が
    見られ、白紙撤回となった新国立競技場計画に続く騒動に関係者には
    困惑が広がる。


    ■謝罪し波紋
    公式エンブレムは、五輪開幕まで5年となった7月24日、東京都庁でのイベントで発表された。
    デザインは東京などの頭文字「T」をイメージし、多様性を示す黒と鼓動を表
    す赤の円が特徴だ。


    一方、ベルギー・リエージュ劇場のロゴのデザイナーが「驚くほど似ている」と主張した他
    インターネット上で別のマークと似ているとの指摘が相次いだ。

    8月5日、佐野氏
    は記者会見で「全くの事実無根だ」と盗用を否定したが、劇場側は14日、
    国際オリンピ
    ック委員会(IOC)に使用差し止めを求めて地元裁判所に提訴したと発表した。

    同日、佐野氏は代表を務める事務所のホームページで、サントリービールのキャンペーン賞品に
    他の作品の模倣があったことを認めて謝罪した。事務所のスタッフが佐野氏の管
    理の下で作成し、
    自身の作品ではなかったが、エンブレムが疑問視されているだけに波紋
    が広がった。


    ■残念至極
    エンブレムは既にテレビCMや広告に使われている。組織委のスポンサーは国内最高位
    「ゴールドパートナー」の場合、1社150億円以上と言われる協賛金を出し、エンブ
    レムを使用する権利
    などを得る。ある最高位の企業からは「(盗作と)言われるのはよく
    ない。使いづらい」との声が漏れる。

    東京都の舛添要一知事は21日、ツイッターで賞品の模倣問題を「不祥事」とし「彼(佐野氏)の
    信頼性失墜は免れないし、エンブレムのイメージすら悪化しかねない。私に
    は何の権限もないが、
    残念至極である」と懸念した。


    デザイン界では、エンブレムには「シンプルにデザインすると似ることはある。盗用とはいいにくい」と
    問題視しない見方が当初からある。


    ネット上では佐野氏個人を中傷する記述も目立つが、ネット問題に詳しい文芸評論家の藤田直哉氏は
    「ネットでは論理的な証拠判断よりも印象操作が先行し、当事者に不当なダ
    メージを与えてしまう
    危険性がある」と話す。盗用かどうかの判断には高度な専門性を要
    する点に着目し「盗用という安易な
    決め付けや個人攻撃は慎むべきだ」と語る。


    ■踏ん張りどころ
    エンブレムなどの知的財産を日本国内で管理する組織委は「適切な手続きを経て選んでおり、
    使用を続ける」(幹部)との姿勢だ。選考過程が不透明との批判もあるが、槙英俊
    マーケティング局長は
    「密室性はない」と反論する。


    組織委によると、選考は昨年11月17日と18日に行い、審査委員が先入観を持たないように
    制作者名を伏せて実施。104の応募作品を対象に、委員8人が4回の投票の末
    に四つに絞った。
    最後は委員が協議し、動画などで多彩な活用が期待できることが決め手
    となって佐野氏の作品を選んだ。

    国際的な登録商標の調査では、同様に「T」をモチーフとした商標が多数あったため、デザインを微修正して
    ことし4月に最終形を固めた。その後本格的な商標調査を1500
    万円かけて実施し、発表にこぎつけた。

    賞品の模倣問題について組織委は「別の話」との立場だ。ある関係者は「今が踏ん張りどころ」と
    早期収束を期待した。

    a04302e4


    http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20150825/spo1508251531006-n1.htm 【【五輪エンブレム】スポンサー大困惑 1社150億円超で使用権も「盗作と言われるのはよくない。使いづらい…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:2015/08/23(日) 19:54:01.63 ID:

    東京五輪エンブレムの盗用疑惑をはじめ、サントリーのトートバッグキャンペーンの盗用騒動で日々大騒ぎになっているデザイナーの
    佐野研二郎氏にまたも盗用疑惑が浮上した。
    その疑惑のデザインは「カメラグランプリ」のマークが素材集の丸写しで無いかと言われている。このマークは2011年に作られた物で、
    「ニッポンのカメラの賞であることがひと目でわかるような、インパクトのあるもの」を目指し作成されましたとしている。

    しかしこのロゴの元となるデザインが発覚。素材サイトの『イラスト無料ネット』というウェブサイトの「シンプルなカメラ」という素材に
    酷似している。ネット住民が検証したところ、カメラの高さ、ファインダー部分の高さ、そしてそのファインダー部分の角度も全て一致(画像参照)。

    ■素材でも利用規約違反?
    このフリー素材サイトを使うのははたしてNGなのだろうか? 実はサイトの利用規約を見てみると「商標、ロゴマークとしての利用は禁止です」と
    ハッキリ書かれている。つまり「カメラグランプリ」のマークにするのは禁止事項に含まれる。

    ■自分の“色”全く無い佐野研二郎 仕事の受けすぎで雑に?
    佐野研二郎氏は仕事を受けすぎ、このような雑な仕事をするようになったと推測される。普通のデザイナーなら自分の“色”が出せるが
    佐野研二郎氏には彼の色が全く出ていない。利益のためにやっつけ仕事をしているのだろう。

    まだ疑惑段階だが、仮に実際にこのサイトの素材を使っていたとしたら2011年までさかのぼり賠償金を払うことになる。
    今度もアシスタントのせいにするのだろうか。

    http://gogotsu.com/archives/10783
    bc5541f9

    【佐野研二郎またも盗用疑惑浮上wwww(※画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ